医師に相談をして使うことが一番

薬の処方について

うつ病が処方された場合、原則としては処方通りに服用することが重要になります。

 

薬が聞いてくるまでにある程度時間がかかりますが、副作用もあるのですが、薬を飲んでも全然聞いていないと判断して、途中で服用を辞める人がいます。しかし、何よりも、即効性があるわけではなく、服用を続けることで、徐々に作用してくるために、計画的に服用を続けることが重要になります。

 

飲む回数を減らしたりとか、薬の量を少なくするなど、個人てかってなことをすると、のちのち効き目が劣るどころか、他の症状になる恐れがあります。

 

まずは処方をする病院の医師に相談をすることがまず第一です。そして、鬱病の薬はあくまでもすぐに効き目が現れるわけではなく、徐々に効果が現れるとうことを理解しておくことが大切です。自己判断で作用を強くしたり、途中でやめたりすることは危険行為です。

 

医師は薬の効果や副作用などを見ながら治療方針をきめていますので、患者さんが勝手に薬をやめたり量を調節していると、薬の効果がなくなるばかりでなく、後々治療方針にも狂いがでてきます。

 

ただし、副作用が起こっているのに、そのまま長期間続けるのは負担をかけてしまうおそれがあるので、すぐに医師に相談そうることはたいせつです。

 

インターネットで個人輸入を利用しジェイゾロフトなどを購入した場合は、副作用が起こったとしても自己責任となりますので、注意が必要になります。まずは医師のもとで薬を利用することが一番です。