医療機関に受診をする

困っていることを相談する

うつ病になると、気分的には何もしたくなくなるために、心の不調が起こり、病院にも足を運ばなくなる。そうなると、症状が悪化してしまい、最終的には自殺という結末になる恐れもあります。

 

そのために、すこしでもうつ症状、不眠、不安を感じたら、まず病院に相談をすることが大事。ついつい、軽く考えてしまうのですが、少しでも不安を感じたら、相談を持ちかけることが大切。

 

できるだけ早く受診をすれば、それだけ性格な診断を受け、改善にも近づきます。

 

まず、うつ病などの精神病の場合、病院に受診をする科は「精神科、心療内科」です。病院の他に、開業医のメンタルクリニックも有りますが、まずは会社や家の近くにある病院を選ぶようにしましょう。

 

何度かにわけて受信をする恐れもあるために、できるだけ近くにある医療機関を選ぶように、ただ、家や仕事場の近くに医療機関がない場合は、電話で問い合わせをしてみることにしましょう。。

 

「クリニック」

アクセスがよく仕事帰りなどにも受信ができる。

 

駅前など、通院しやすい場所にあることが多く、会社の帰りなどにも通院しやすい。
入院施設などはない場合が多い。

 

 

「専門病院」

精神科の専門病院だと、入院施設がある場合が多い。リハビリのための設備が充実していることも特徴

 

「総合病院」

精神科だけではなく内科などの他の心療内科もあるので、体の症状がある場合にも総合的な治療が可能。