>軽症うつ病に薬はない

軽いと薬が処方されない

重症のうつ病の場合などに精神科などで処方される薬ジェイゾロフトですが、実は軽い症状の場合は処方されにくいとされています。

 

 

うつ状態は元気が無いが、うつ病と呼ばれると、重症なものではなく、ある程度症状となった場合がうつ病であるという誤解をしている人にしばしば出会います。

 

このような記載が見られると、驚かされますが、うつ状態はあくまでも状態であって、うつ病もうつ状態の中に含まれるのです。

 

抑うつ気分で、興奮、喜びの減退、意欲、低下、判断力の決断力の低下、自己評価の低下、不眠食欲低下などのさまざまな抑うつ症状が見られます。

 

うつ状態と評価した後に、そのうつ状態を改善させるために薬が処方されるのですが、実は軽症の場合、通常のうつ病の治療に準じるのが原則で、処方されるケースが少ないそうです。

 

中等症以上のうつ病の場合、抗うつ薬の投与量よりも少量で良いという考え方もありますが、十分の量の抗うつ薬の投与によって誤解する軽症うつ病があるので、なかなか精神科で処方されることがないそうです。

 

 

そのために、軽傷うつ薬という診断に対する吟味も必要。
たしかに、軽いうつ病という診断から安易に薬を処方する精神科もあるそうですが、だからといってすぐにうつ病が治るわけではなく、さほどの効果が望めないのが現状です。

 

まずは問題に留意し、兆候をたどることが重要。