ジェイゾロフトの副作用について

SSRIの中で副作用が起こりにくい

ジェイゾロフトは、SSRIと呼ばれるジャンル部類され、脳内の神経を伝達するセロトニンという物質の濃度を高めることで、うつ病や不安な気持ちを和らげてくれる薬になります。

 

 

副作用についてですが、他の抗うつ薬と比較して少ないとされています。
よく言われているのが、同じSSRIの「パキシルは効果は強い」「ジェイゾロフトは副作用が少ない」っとされています。

 

あくまでも、服用する人により症状は微妙に違うとは思いますが、ジェイゾロフトは、効果が起こるまでに、ある程度の時間がかかり、副作用が軽いのが特徴的な抗うつ薬。

 

ごくまれに発症する副作用として、「悪心、眠気、頭痛、下痢、口のかわきなどの症状」が起こる場合があるとされています。

 

私が個人的に感じるは、全体的に見ると副作用は少ないと思います。しかし、性機能障害を少し感じ、性欲が低下したような気がします。

 

それから、服用はじめの一週間目は、お腹の調子が悪く、下痢に悩まされていました。そこまでの副作用を感じたわけではありません。

 

しかし気をつけたいのが、自己判断で服用を急に注意することです。逆に副作用が起こることがあるので、用量・用法には厳守するように。

 

それから、うつ症状のある場合、服用開始時や服用量が変更された際は、体調や気分の変化が起こりやすいと言われるために注意。

 

もし、副作用を強く感じた時は、すぐに精神科の医師、それから薬剤師と連絡を取り相談をすること。